ナルコレプシー概要

ナルコレプシーとは、日中の耐えられない眠気などを主とした睡眠に関する障害です。
脳疾患であり、根本的な治療法がなく多くの人が苦しんでいます。

 

ナルコレプシーwikiでは、あなたなりのわかりやすいナルコレプシーの説明の仕方を募集します。
レビュー投稿欄(下のCreate you own reviwボタンをクリック)に、あなたが普段使っているナルコレプシーの説明フレーズをご寄せください。

 


わかりやすいナルコレプシーの説明の仕方

日中において場所や状況を選ばず起こる強い眠気の発作を主な症状とする脳疾患(睡眠障害)である。
(引用元)wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/ナルコレプシー

ナルコレプシーは日中の居眠りの反復と特異な情動脱力発作を中核症状とする睡眠障害である。
(引用元)脳科学辞典
http://bsd.neuroinf.jp/wiki/ナルコレプシー

ヒポクレチン(オレキシン)を作り出す神経細胞が働かなくなるためにおこる過眠症。
古くから知られていた過眠症のひとつで、日中に突然強い眠気が出現して、眠り込んでしまう病気です。
引用元)厚生労働省 e-ヘルスネット
http://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/dictionary/heart/yk-043.html


2 comments for “ナルコレプシー概要

  1. 黒田 かなみ
    2017年5月23日 at 10:11 PM

    生き地獄 逝きたい 休みは体を休めるのと リタリンを控えているので 意識不明 何のために生きるのかわからない

  2. オカピ~
    2017年7月19日 at 9:14 AM

    私は12歳ごろに発症しかなり重度です、情動性脱力発作、入寝時幻覚、中途覚醒、早朝覚醒、軽い鬱障害、など、どれもかなりの頻度で起こり、中学時代は自転車で何度も転倒し生きてるのが不思議なくらいです、夢も全部壊れ軽く自暴自棄に陥り暴食を繰返し肥満にもなりました、三重病院に入院して少し落ち着きましたが、今でも夜に起きて夜食を繰り返して19になった今120キロあり、医者にも太ると薬が効かなくなるといわれ悩んでます、どこか散歩に行けばいいのですが、どうも怠くて行く気がわかなくて悩んでます皆さん夜起きてしまうときどうしてますか?
    イライラしませんか?散歩しようにも次の日学校だから、行けなかったり、行こうと思っても怠くて行く気がしないことありませんか?私はもううんざりです、何度も生きることに絶望しましたが、入院して他の私より重度な人を見てから、何とか死ぬという考えからは逃れましたがやはり辛いですどうしましょう?

黒田 かなみ にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA